M・DESIGN
リノベりす
鎌倉・湘南を楽しむ。

WORKS

WORKS > House > 多摩川沿いに住む
  • シンプルながら、造作したカウンターや取り付けた棚と暮らしやすい工夫がたくさん。
  • シンプルながら、造作したカウンターや取り付けた棚と暮らしやすい工夫がたくさん。
  • リビングと寝室がさりげなく繋がるよう、高さ目いっぱいに造作した窓。
  • 玄関を開けて目に飛び込んでくるドアはそれぞれ形を変えて。
  • ガラスの大きなリビングドア。
  • リビングドアは床と合わせた色に塗装。レバーハンドルなら両手が塞がっていても開けられます。
  • 白くしたドアにはゴールドの丸ノブ。
  • 押入れだった場所はクローゼットへ。ルーバードアも白くしました。
  • 床の木目の美しさが分かる一枚。
  • 洗面は長方形のフロアタイル。白とベージュ、これも合います。
  • 鏡は施主さまが支給されたもの。
  • UBの壁は全面タイルにしました。
  • キッチンの上は極力シンプルに。その分サブウェイタイルでアクセント。
  • 造作したキッチン。使う人によって、使い方を変えられるのがいいですね。
  • キッチンと同じく造作したカウンター。幅や高さ・・・一つずつ決めていきました。
  • 施工前①玄関入ってすぐの2枚並んだドア。
  • 施工前②キッチン。吊り戸の高さがあり、かなり収納できるタイプでした。
  • 施工前③少し年季の入った床でした。
シンプルながら、造作したカウンターや取り付けた棚と暮らしやすい工夫がたくさん。

二子玉川駅が最寄のこちらのマンション。
多摩川沿いに建ち、部屋のルーフバルコニーから
都会と緑のバランスがちょうどいい 二子玉川の街が見下ろせます。

アンティークショップに勤務される施主さまのご要望は、
今の間取りはそのままに、使っている家具が映えるシンプルな内装。

シンプルと言いながらも、機能性や見た目といった施主さまのこだわりが随所にちりばめられています。 

細長いリビングを活かし、キッチンはあえて対面にせず壁付のまま。
造作したカウンターで見せたくないところはさりげなく隠しつつ
収納スペースも確保。

床材は幅189のウォルナットフローリングを使用して
アンティーク家具が映える重厚な仕上げになりました。

長く大切に使われてきたものと
新しく作られたもの。

施主さまによってどのように馴染むのでしょうか。
とても楽しみです。

infomation

施工面積 設計 + 工事費 施工期間
63.72㎡ 1ヶ月半
M・DESIGN

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6-35-3 コープオリンピア614号室 TEL.03-6427-3795 FAX.03-6427-3796

Copyright © M・DESIGN ALL RIGHTS RESERVED.