M・DESIGN
リノベりす
鎌倉・湘南を楽しむ。

WORKS

WORKS > House > 弥生台リノベ
  • フリースペースとして使用する部屋は、ガス管にカーテンで仕切り。
  • フリースペースとして使用する部屋は、ガス管にカーテンで仕切り。
  • 壁の色やカーテンは色を変え、変化を付けます。
  • 間仕切りにはめ込んだ窓。枠は全体の雰囲気と合わせ無塗装仕上げ。
  • まさにカフェらしいキッチンは突板で造作しました。
  • 家族と会話しながら淹れるコーヒー・・・おいしそうです!
  • 優しいトーンに、オーク材の木目がアクセント。
  • 木の天板にピッタリなホーローシンク。
  • キッチンや床材の色味に合わせたベージュのタイルはキッチン正面の壁に施工。
  • 奥行のあるカウンターは、ちょっとした食事もできるスペース。
  • キッチンと同材の洗面台は目いっぱいの幅で作り、収納力抜群に。
  • ネイビーのタイルに映える陶器のスイッチ。
  • トイレは一転、目を引くレモンイエローのような色で塗装。
  • オイルステインの白をすり込み、アンティーク風に仕上げたオーク材を使用。
  • 家族みんなの靴が置けるよう、玄関は広げました。
  • 玄関に付けたバーは、服や傘をかけるのに便利。
  • 施工前①キッチンは壁付、またリビングと仕切られていました。
  • 施工前②シンプルな洗面台。
  • 施工前③洗面台、洗濯パンは仕切られていました。
  • 施工前④施主様の場所がキッチンスペース。リノベ後はろうかとの仕切りは撤去しています。
  • 施工前⑤窓枠に付いていたカーテン。天高目いっぱいから取り付けると天井が高く見えます。
フリースペースとして使用する部屋は、ガス管にカーテンで仕切り。

施主様のご希望”コーヒーがおいしく飲める家”からスタートした弥生台リノベ。
アンティーク風に仕上げた優しい色の材を使い
まるでカフェにいるような、そんな家を目指しました。

キッチンと洗面台は白い塗装をすり込んだ突板で造作。
フローリングには白い塗装をすり込んだオーク材を使用。

材料にこだわりつつ、
アレンジして収納するのが好きな奥様のために
できるだけ シンプルに作りました。

壁やカーテンの色でアクセントを入れながら
全体を淡いトーンで仕上げると
まさにコーヒーがおいしく、
そして淹れるのが楽しくなる家になりました。
infomation

施工面積 設計 + 工事費 施工期間
79.1㎡ 1か月
M・DESIGN

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6-35-3 コープオリンピア614号室 TEL.03-6427-3795 FAX.03-6427-3796

Copyright © M・DESIGN ALL RIGHTS RESERVED.