M・DESIGN
  • リノベりす
  • 鎌倉・湘南を楽しむ。
  • Instagram

WORKS

WORKS > House > 荏原 13㎡の土間、どう使いますか?
  • 南向き角部屋。明るいリビングルームです。
  • 南向き角部屋。明るいリビングルームです。
  • バルコニー側から見たLDKです。リビングの一角にキッチンスペース。
  • 天井は躯体現し。照明はライティングレールを敷設。
  • フローリングの床材はパインの無垢材を使用しました。足裏に優しい感触です。
  • キッチンスペースの床材のみ白のヴィンテージ加工風のフロアタイルでゾーニング。
  • キッチン設備のみ、現況のものを使用しましたが、違和感なく収まっています。
  • キッチンの横には小さな小窓。さてどこへつながっているのでしよう?
  • リビングのドア。ヘビーピンクの塗装と大きなチェッカーガラスがかわいいです。
  • ドアを開けると…。廊下から玄関へと続いています。
  • ドアノブです。ベビーピンクのドアと合っていますね。
  • 玄関からお部屋の中を見たところ。左手側が土間になります。
  • 土間の全景です。モルタルで施工しています。窓もあって十分明るいです。
  • 土間の奥から玄関側を。本当に広いですね。さて何に使いましょう。
  • 右側はオープンのシューズクローク。左手の壁はマグネット+黒板塗料です。
  • 土間からは直接パウダールームに入ることができます。
  • パウダールームです。ちょっと変わった形のミラーボックスですね。
  • 洗面器は大振りのオーバル型。使いやすそうな大きさと形です。
  • ミラーの横の小窓。これがキッチンとつながっています。もちろん開けることもできます。
  • ユニットバスです。タイル調の模様の壁が素敵です。
  • こちらはトイレ。床材は白いヴィンテージ塗装。
  • フローリング材です。白いヴィンテージ風の一角がキッチン部分。フロアタイルとは思えません。
  • シューズクロークの棚板部分。夫婦2人なら十分な量の靴が置けそう。
  • 壁は珪藻土で塗装しました。このざっくりと塗った感じが素敵ですね。
  • パウダールームのドア。こちらはスライドドアなので取っ手もこんな感じで。
  • 廊下の壁の黒板塗料と、それを照らす照明です。
南向き角部屋。明るいリビングルームです。

荏原 13㎡の土間、どう使いますか?

品川区荏原のマンションリノベ。

東急目黒線の西小山駅から徒歩6分ほど。
静かな住宅地の中の小じんまりしたマンションです。
築年数39年、55㎡の南向きのお部屋をフルリノベ。

施主さまのご両親が近くにお住まいとのことで
こちらの物件に決められたそうです。  

もともとの間取りは2LDKでしたが
フルリノベを機に大きく間取り変更しました。

南側は間仕切りのない大きな空間に。
そして玄関側にお部屋は作らずに
広々とした土間を作りました。
土間の面積は12.6㎡。
これだけ広いと『土間』というよりは
ユーティリティースペースですね。      

今はまだ特に使い方は決めていないそうです。
暮し始めた時、
この土間はどんなふうに使われているのでしょうか?
infomation

施工面積 設計 + 工事費 施工期間
55㎡
M・DESIGN

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前6-35-3 コープオリンピア614号室 TEL.03-6427-3795 FAX.03-6427-3796

Copyright © M・DESIGN ALL RIGHTS RESERVED.